木板使い別荘風に改装

2016年07月07日 | リノベーション

  • twitter

2DKに住みたい単身者想定


越水隆裕オーナー(神奈川県川崎市)は所有する築35年木造アパート2DKをわずか約50万円で、工事中の内見で決まる物件へと再生した。

             BEFORE
越水隆裕_201601.jpg

同アパート「キャムハウス」のリノベーションが成功した最大の理由は、間取りはそのままで、ターゲットをクリエイティブな仕事に携わる単身者にしたことだ。
「プライベートの部屋と仕事部屋と分けて使いたい人を想定しました」(越水オーナー)。

             AFTER
越水隆裕_201602.JPG

内装は、すべての部材は変えずに改装することを意識した結果、モダンな和風の部屋に仕上がった。
キッチンダイニングの壁は木板を貼って、白色に塗装。
避暑地の別荘にいるような雰囲気を演出した。
施工は大工職人に依頼したが、その際にこだわったのは、木板と木板の間に隙間を作ることだった。
「手作り感が味わいとなるんです」と越水オーナーは語る。

             AFTER
越水隆裕_201603.JPG

一方、和室だった2つの居室は床をフローリングに変更したものの、既存の襖をリメイクして再利用。
前入居者がペットを飼っていたため損傷がひどかった襖紙をすべて剥がし、骨組みと下地をこげ茶の塗料で塗装し、和の雰囲気を演出した。

入居を決めたのは単身女性カメラマン。
木板のキッチンダイニングと専用庭とウッドデッキが気に入ったのだという。

同アパートは築年数の古さもさることながら、最寄り駅から徒歩10分ほどかかる立地で、しかも、1階。
競争力の弱い環境の中で、家賃は工事前と同じ7万円だったが、ターゲット設定が奏功し、すぐに入居者が決まった。

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

  4. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  5. 富士リアルティ 永松秀行社長 木造建築強みに、売上13億円

    【企業研究vol.248】富士リアルティ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ