倉庫風に惹かれアパレル店員が即決

2016年07月21日 | リノベーション

  • twitter

賃料1万4000円アップ


コンクリート打ちっ放しを生かした倉庫風に改装し、社会人男性が内見時に即決したのは『百合ケ丘池上マンション』だ。


              BEFORE
池上正芳オーナー01.jpg

小田急電鉄小田原線「百合ケ丘」駅徒歩10分の場所にあり、築29年になるRC造全42戸の賃貸マンションだ。
1K16.5㎡の物件が募集から2週間で家賃1万4000円アップの5万6000円で決まった。
相場賃料よりも1万5000円ほど高い。
施工費は約130万円。

周辺には、専修大学や明治大学などのキャンパスがあり、学生が多いことに加え、沿線に勤める新社会人など、20~30代が多いエリアだ。
そこでターゲットは20~30代の社会人に設定した。
近年若年層に人気が高い、隠れ家のような倉庫風がコンセプトだ。

壁と天井は壁紙をすべてはがしてコンクリートの打ちっ放しにした。
玄関そばにあったミニキッチンはカウンターキッチンへと変更。
キッチンの照明は電球色のブラケットライトを採用することで、隠れ家を連想させるバーカウンターのような印象に変わった。

             AFTER
池上正芳オーナー02.jpg

入居を決めたのは、東京都内に勤めるアパレルショップ店員の20代男性だ。
「勤めている店の雰囲気とそっくり」と、一目ぼれだった。

昨年の秋には、14戸が空室になった時期もあった。
池上正芳オーナーは、これまでの経験から繁忙期を逃すと1年ほど空室が続くことを懸念して、リノベーションを決意した。
「コンセプトを明確にした改修なら、賃料アップしても入居が決まると確信していた」(池上オーナー)。

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ