賃借人が部屋の修繕の立ち入りに協力しなかった場合、契約を解除できるか

【連載】新・法律エクスプレス 第43回

法律・制度改正|2024年05月29日

  • twitter

 私が経営しているアパートの部屋の天井から漏水している可能性があるため、賃借人に室内への立ち入り調査を頼みましたが、協力してくれず、修繕ができずにいます。このような賃借人と契約を解除することができるのでしょうか。

修繕調査、拒否で契約解除可能

 賃借人が賃貸借契約によって負う義務に反した場合、債務不履行に基づく賃貸借契約の解除の可否を検討します。(民法541条)

 まず、賃借人は部屋の修繕のための調査に協力する義務を負うのでしょうか。民法606条2項は、「賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をしようとするときは、賃借人は、これを拒むことができない」とし、賃借人の修繕の実施を受忍する義務を規定しているうえに、東京地裁平成28年2月9日の判例では、「建物の内部において現況を調査することは、(中略)『賃貸物の保存に必要な行為』に該当し、(中略)これを拒むことはできない」として、修繕のための調査協力も受忍義務の範囲に含まれるとしました。

 本件の調査に現況確認の必要性が認められれば「賃貸物の保存に必要な行為」にあたり、賃借人が調査を拒むことはできません。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『国土交通省による「省エネ性能表示制度」』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ