2021年の全米賃料予想は6%の上昇

【連載】アメリカ不動産事情 第80回 米国賃貸市場の動向

投資|2022年01月13日

  • twitter

ロス郊外の戸建て住宅風景

 米国では2021年の年明け早々、第46代大統領選出で大波乱の様相を見せた。1月6日、首都ワシントンDCには全米各地から100万人を超える米国民が集結し連邦議事堂を取り囲んだ。不正選挙が暴露され「民主主義を取り戻せ」とのスローガンやデモ活動が終日繰り広げられた。

カリフォルニア州の住宅販売好調、郊外へのシフト進む

コロナ禍での景気回復策

 コロナ禍からの脱却を目指しワクチンの接種が全米各地で始まる中、トランプ前大統領は今夏に向けた国内経済の回復を訴えた。20年末に繰り広げられた連邦議会との予算折衝でもバイデン新大統領が提唱した国民1人当たり600ドルの特別給付金に対し2000ドルへと大幅増額を要求し、一般国民の救済を条件に連邦議会と合意した。

 緊急事態宣言が発出中の日本や新たなロックダウンが続く欧州の主要都市に加え、感染拡大が進むカリフォルニア州でも在宅勤務の継続や飲食店の営業規制が強化され、21年もコロナ禍と対峙(たいじ)しながらの「忍耐の一年」となりそうだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『住宅価格は9年連続の上昇予想』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

  4. 2022年版賃貸仲介件数ランキング地方版トップ10

    ウィルハウスグループ, 一誠商事

  5. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ