在宅ワーク増加によるニーズの変化

【連載】アメリカ不動産事情 第81回 コロナ禍でのPM業務

投資|2022年01月14日

  • twitter

再開発が進むロングビーチの集合住宅・建設風景

 米国では新型コロナウイルス感染症の拡大が始まった2020年3月からほぼ1年が経過した。21年2月現在、全米の感染者数は2600万人を超え、死者数も47万人に迫っている。多くのオフィスでは在宅勤務が広く導入され、賃貸管理物件では終日在宅の賃借人が増えることでPM(プロパティマネジメント:賃貸物件の管理・運営事務)項目も増えている。

共益設備の充実や高速インターネット回線が人気

■コロナ下でのPM業務

 所轄保険局からの感染拡大に対する防止策の指導に加え、賃借人からも新たな要求を受ける。特に清掃や空調など共益設備の衛生面での管理の厳格化や部外者の建物内への出入り規制が目立つ。

 またホームレスが増加する地域では衛生管理に加え治安問題も発生しているが、人身事故でない限り地元警察は対応に応じないため、管理会社としての対策にはおのずと限界がある。現行のコロナ下でPM担当者からの現場での課題や傾向を取り上げた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『2021年の全米賃料予想は6%の上昇』

検索

アクセスランキング

  1. 共立メンテナンス、学生寮でメロン栽培

    共立メンテナンス

  2. 賃貸住宅フェア2022セミナーレポート

    リーガルスムーズ

  3. 印紙代、年2000万円以上を削減

    FJネクスト,ベルテックス,ジャパンリアルター,GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)

  4. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】約10棟分の家賃アップ成功事例資料で受託営業

    イムズパートナー,コーエー住宅

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ