不動産関連企業のM&A増加NEW

【連載】アメリカ不動産事情 第82回 不動産管理会社の買収

投資|2022年01月15日

  • twitter

 コロナ禍で在宅勤務が始まってから丸一年が過ぎたが、航空・観光業界では売り上げが大幅に減少し、個人経営者が多い飲食業では事業継続を断念するケースも増えている。

個人事業者でも第三者への売却が主流

■景気悪化で企業買収が増加

 企業の流動化が激しい米国では、企業買収・合併が市場で常に散見される。直近のコロナ禍により産業構造の変化が加速する中で企業買収も進んでいるが、日米共に株式バブルで膨れ上がった資金の投資先を求めている状況がうかがえる。

 最近は不動産関連企業の買収も顕著で、不動産市場におけるM&Aの取引も増加傾向にある。不動産テック企業でも上場ラッシュの気配がありCompass(コンパス)やOpendoor(オープンドア)が注目される。

 コロナ禍で企業のデジタル化へのニーズが高まりエージェント検索サイトのHomeLight(ホームライト)、物件価格査定のHouse・Canary(ハウスカナリー)、新興仲介会社のREX・SIDE(レックスサイド)などが上場すると見られる。また全米で巨大なネットワークと資金力を誇るCoster(コスター)が、M&Aの手法を活用してどのようにして住宅販売で市場拡大を進めて行くのかも注目だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『在宅ワーク増加によるニーズの変化』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

  4. 2022年版賃貸仲介件数ランキング地方版トップ10

    ウィルハウスグループ, 一誠商事

  5. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ