(公社)首都圏不動産公正取引協議会、不動産広告の表記ルール改正

公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会

その他|2022年10月14日

  • twitter

 公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会(東京都千代田区)は、9月、「不動産の公正競争規約」を施行した。

入居可能時期の明記義務付け

 売買、賃貸の不動産取引を包括した広告表示の規約となっている。主な改正点としては、当該物件から入居希望者の勤務地までに発生する通勤ラッシュの時間帯の明示を義務付けた。また、勤務地に向かうまでに乗り換えが必要な場合はその旨を明示し、おおむねの所要時間を伝えることを義務付けた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会、表示違反物件数が倍増』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ