土地の間口に橋幅採用、評価減

【連載】事例に見る相続税還付

法律・制度|2023年01月25日

  • twitter

 土地の価値は、接道条件に大きく左右されます。相続税の土地の評価では道路と接する部分を「間口」といいますが、土地と道路の間に水路がある場合、橋などを設けた限られた部分が間口となります。

道路と水路の図 簡単にまたぎ越えられるような狭い幅の水路の場合は問題になりませんが、図のように橋や暗渠などを設けないと通行できない幅の広い水路がある場合は、その土地の利用方法が限定されるため、道路と地続きの土地に比べて評価減が認められます。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『接道の高低差で評価額10%減』

検索

アクセスランキング

  1. サブリース賃料未納問題浮上

    BLAZE(ブレイズ),ReVie(レヴィー),エレマックス,弁護士法人山村法律事務所

  2. 空室に覚せい剤置き配

    東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  3. 不動産市場、崩壊の見込み薄【2023年 不動産市場予測】

    一般財団法人日本不動産研究所

  4. 多拠点居住サービス活況

    アドレス,グッドルーム,三井不動産レジデンシャル,GrowHack(グロウハック),絆家,LIFULL(ライフル)

  5. 東京・六本木の仲介会社で爆発

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ