空室に覚せい剤置き配

東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

事件|2023年01月27日

  • twitter

押収された覚せい剤。3Dプリンターに使用する素材に紛れ込ませていた

 アパートの空室を狙った覚醒剤・違法薬物の密輸が横行している。置き配や空室に侵入し入居者を装う手口で荷物を受け取る。今回、賃貸仲介会社社員が事業者間サイトから密輸組織に空室の情報を流出させた事件も発生した。

仲介社員、物件情報流出で逮捕

 賃貸住宅の空室が、違法薬物の密輸組織に悪用される事件が頻発している。

 2022年12月23日には、東京都目黒区のアパートの一室が、覚醒剤の密輸に利用された事件が明らかになった。密輸組織の犯罪とみられているが、今回、該当の空室情報の提供と荷物の受け取り役として関与した賃貸仲介会社社員が逮捕された。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『賃貸の空室で麻薬受け取り』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ