業務上の規制【宅建試験解説】

【連載】2021年宅建試験まるかわり解説

法律・制度|2021年08月30日

  • twitter

Q.断られても諦めず営業すべき?

A.執拗(しつよう)に営業し過ぎると違法になります

売主業者が不当に不動産の引き渡しを遅らせたら?

 宅地建物取引業者(以下、宅建業者)は、その業務に関してなすべき宅地・建物の登記・引き渡し、または取引に関わる対価の支払いを不当に遅延する行為をしてはなりません。これに違反した場合は6カ月以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

 なお、媒介代理契約の報酬の支払いが不当に遅れることがあっても、犯罪とはならず、民事上の債務不履行責任が生じる点と混同しないようにしましょう。

数年前に自殺があった物件を隠して販売すると?

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  3. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  4. 住宅市場での賃貸需要の高まりと所得格差の2極化

    【連載】アメリカ不動産事情 第86回 2022年に向けての不動産市場

  5. オータス、不動産クラウドファンディングのプラットホーム提供開始

    オータス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ