〝逆張りの発想〟で経営戦略

【連載】現場レポート 賃貸業界のキャリア形成 VOL.101

投資|2022年01月28日

  • twitter

 全国的に空室が増え、物件は古くなり、「家賃を下げてなんとか入居者を確保する」としている。しかし、ここで逆張りの一手を打ちたい。今こそ、物件価値を上げ、家賃を上げて勝負すべきではないか。

物件数が増え、世帯が減り、家賃が下がる

 我が国ではこれまで右肩上がりで世帯数が増えてきた。国も積極的に住宅建設を促進し、物件供給も右肩上がりであった。しかし、2020年を境に少子高齢化の影響で世帯数が減少に転ずる。需給バランスは崩れ、空室が増え、空室対策として手っ取り早く家賃を下げて募集するという事が現状では日常的になっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『リアルとオンラインを併用』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ