オーナー自身も生産性に着目すべき

【連載】現場レポート 賃貸業界のキャリア形成 VOL.119

賃貸経営|2022年04月28日

  • twitter

 これまで、3C4P+生産性の分析で「不動産会社」「不動産会社の経営者」「賃貸物件」について分析してきたが、「オーナー」の人材育成という観点ではどうだろうか。

自主管理は収益性が高くなる「はず」

 さて、オーナー自身を3C+4Pの観点で比較してみよう。

 自主管理のオーナーは一般的に家賃収入の5%といわれる管理料というコストが発生しない。また、管理会社の言いなりにならず一番安い見積もりで工事会社に修繕依頼することも可能である。つまり4Pフレームの「Price」で優位性が高い。同じ賃料で同じ部屋数で同じ満室であれば、管理料という出費がないため収益性が高くなるはずだ。特にサブリースをしているオーナーは10%を支払っているので、さらに収益性が悪い。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『物件価値の向上で優位性を図る』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ