設備の経年変化と賃借人の故意による破損

【連載】弁護士が解決!!身近な不動産トラブル 第99回

賃貸経営|2023年03月16日

  • twitter

 賃借人の退去の立ち会いをすることになったのですが、室内を点検してみると、賃借人の子どもの落書きで壁面のクロスがひどく汚れており、交換しなければならない状態でした。賃借人は8年間住んでいて、壁面のクロスもだいぶ古くなっていますが、落書きさえなければ、クリーニングしてまだ使えたはずです。

 このような場合に、当社は賃借人に壁面のクロスの貼替え費用を請求できるのでしょうか。

残存価値0円でも費用請求可 故意の損耗なら入居者負担

 過去の記事(第88回「原状回復義務について」)でも紹介しましたが、賃借人の通常の使用で生じるもの(経年変化・通常損耗)ではない損耗については、賃借人が原状回復義務を負います。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『建物共有部分での自殺についての告知義務』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ