未分筆のまま課税されていた道路

【連載】事例に見る相続税還付

税務・相続|2023年05月11日

  • twitter

 今回は、宅地の評価をする上で、注意すべき事例をご紹介します。

 宅地はその土地ごとに区切られ、所有者が登記されています。

 たとえば、1つの宅地が売却され、2つの宅地になった場合、元々1つだった土地を測量後、分筆し、それぞれの所有者ごとに登記する必要があるのです。

 しかし、売買や相続等で所有者が頻繁に変わる中で、正しく登記されていない場合もあります。

 相談者Bさんの申告内容を見直したところ、相続した土地に道路が含まれていたことがわかりました。多くの人が通行や建築に必要とする道路は、自由に利用できるよう、市町村に寄付されて公道となる場合がほとんどです。個人の土地の一部を公道にする場合、先にお伝えしたように、境界を明らかにするために、分筆を行います。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『税計算で有利な広大地評価』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ