地主ではないあなたが地主のように見えるとき

【連載】ファイナンスからみた不動産経営 第2回

投資|2023年05月25日

  • twitter

 前回、地主のアパート融資に金融機関が前のめりな理由を①担保力、②返済能力、③経験値と解説しました。では、地主ではないあなたが金融機関の目から地主のように見えるのは、どんなときなのでしょうか。

利益生む土地なら融資活用

1.担保力

 地主ではないあなたが最初に収益物件を取得するとき、相続以外では①現金で買う(またはただで、あるいはマイナスでもらう)②融資を受けて買う、のどちらかになると思います。「①現金で買う」という選択肢の場合、その予算は出せる自己資金に限られますのでそれなりの価格帯になるはずです。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『地主のアパート融資に金融機関が前のめりな理由』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ