【速報】賃料未納問題発生の管理業者BLAZE、業務停止へ

その他|2023年03月22日

  • twitter

 国土交通省は3月22日、賃貸住宅管理業法(以下、賃管法)に基づく監督処分を発表した。処分を受けたのは、当紙でも既報の賃料未納問題が発生している賃貸管理事業者BLAZE(ブレイズ:東京都渋谷区)だ。特定転貸事業者として、業務停止と指示処分となった。

電子契約を悪用した特定賃貸借契約の締結

 処分内容は業務停止と指示で、以下2点の違反行為が認定された。

【業務停止処分】

①重要事項説明書を交付しなかったこと(サブリース新法30条違反)

【指示処分】

②契約書に記載すべき内容が記載されていなかったこと(サブリース新法31条違反)

 業務停止となる期間は4月5日から4月19日までの15日間。国交省は、契約書に記載がなかった内容に関して非開示としている。

 国交省は、業務改善のための指示内容として4点をBLAZEに求めた。①今回の違反内容と処分内容について役員と関係する従業員に直ちに共有すること②関係法令の遵守の徹底と社員教育計画を作成すること③業務体制を整備すること④再発防止策を策定すること。

 上記4点の内容を5月10までに文書で提出し、おおむね6カ月後に実施状況を文書で報告するよう求めた。

 処分を受けたBLAZEは、2022年12月ごろから「管理委託等契約」で保証した賃料の未納問題が発生。BLAZEは、オーナーと締結済みの「管理委託等契約」に不備があったとして、一部のオーナーに対し「不備のある契約を修正すれば、未納となっている賃料を支払う」として契約の再締結を電子契約上で持ち掛けた。この電子契約が特定賃貸借契約となっており、サブリース新法で規制されている重要事項説明の実施と重要事項説明書の交付をせずに特定賃貸借契約を締結させたという。

 なお、「管理委託等契約」は特定賃貸借契約ではないため、今回の行政処分の対象には当たらない。処分対象にあたる契約の件数について国交省は「調査中」と回答している。

▶▶【関連記事】サブリース賃料未納問題浮上

▶▶【関連記事】逆ザヤの賃料保証契約 販売会社との共同不法行為立証可能か【BLAZE家賃未納問題に迫る】

おすすめ記事▶▶ココロオドル、マスターリース相談窓口を解説

おすすめ記事▶▶賃貸住宅管理業法で初の監督処分 サブリース事業者が業務停止へ

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ