【管理業法を解説!~後編~】Q&Aで疑問を解決!管理戸数あたりの管理者の配置基準はあるの?

法律・制度|2022年06月14日

  • twitter

 賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律(以下、管理業法)の移行期間が残り2日に迫る。15日以降、200戸以上の賃貸管理事業者が営業許可を申請していない場合、無許可営業となり、法律上罰則対象となる。管理会社は管理業法を理解し、法律にのっとった運用を行う必要がある。改めて、管理業法と実務上の注意点を解説していく。

「かぼちゃの馬車」契機に

 管理業法が成立したのは今から2年前の20年6月12日。

 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(以下、日管協)が長らく賃貸管理について法制化を求めていたものの、国交省は中立の立場を取ってきた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

関連記事▶【管理業法を解説![前編][後編]】

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【レオパレス問題】借り上げ家賃請求裁判、一審は家主勝訴

    レオパレス21,ことぶき法律事務所

  2. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

    エコホームズ

  3. 民泊、回復の兆し

    MASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ),カソク,Airbnb Japan(エアビーアンドビージャパン)

  4. 入居を後押しするホームステージング~前編~

    ハウジングロビー,カグカス,一般社団法人日本ホームステージング協会

  5. 【2代目家主座談会・後編】リーシング力も期待

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ