東証市場再編 不動産銘柄の気になる行方~スタンダード市場編~

投資|2022年04月06日

  • twitter

 東京証券取引所の市場区分が再編され、4月4日からスタートを切った。前回は最上位市場のプライム市場に区分けされた不動産上場企業を報じたが、今回はスタンダード市場を取り上げる。上場社数は1500社弱。不動産セクターからは54社が上場している。ここでその一覧を紹介していこう。

中長期的に企業価値向上図る 現実的な選択をした54社

 スタンダード市場は一定の時価総額・流動性を有し、基本的なガバナンスを備えている企業のための市場だ。上場維持基準の詳細は下段記載の表の通りだが、プライム市場に比べハードルが低い。前回報じた様に、不動産セクターでプライム市場を選択した企業の27.4%が上場維持基準達成のための計画書を提出していたのに対し、スタンダード市場ではわずか3社にとどまっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『不動産銘柄の行方 ~プライム市場編~』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ