東証市場再編 不動産銘柄の気になる行方~スタンダード市場編~

投資|2022年04月06日

  • twitter

 東京証券取引所の市場区分が再編され、4月4日からスタートを切った。前回は最上位市場のプライム市場に区分けされた不動産上場企業を報じたが、今回はスタンダード市場を取り上げる。上場社数は1500社弱。不動産セクターからは54社が上場している。ここでその一覧を紹介していこう。

中長期的に企業価値向上図る 現実的な選択をした54社

 スタンダード市場は一定の時価総額・流動性を有し、基本的なガバナンスを備えている企業のための市場だ。上場維持基準の詳細は下段記載の表の通りだが、プライム市場に比べハードルが低い。前回報じた様に、不動産セクターでプライム市場を選択した企業の27.4%が上場維持基準達成のための計画書を提出していたのに対し、スタンダード市場ではわずか3社にとどまっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『不動産銘柄の行方 ~プライム市場編~』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【不動産DXのシステム特集】~賃貸管理システム編~

    アットホーム,日本情報クリエイト,いえらぶGROUP,アセットコミュニケーションズ,Bambooboy(バンブーボーイ),東計電算

  2. ハウスメーカー、賃貸復調

    レオパレス21,大和ハウス工業, 大東建託,積水ハウス,旭化成ホームズ,スターツコーポレーション

  3. 【管理業法を解説!~後編~】Q&Aで疑問を解決!管理戸数あたりの管理者の配置基準はあるの?

  4. 【管理業法を解説!~前編~】200戸以上の管理受託、無登録は罰則へ

  5. 【2代目家主座談会・前編】求めるのは"担当者の人柄"

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ