レオパレス21損害賠償裁判、借り上げ解除の損害を認定

レオパレス21,LPオーナー会,安藤・澁谷法律事務所

事件|2023年12月20日

  • twitter

二審で逆転しオーナーが勝訴。借り上げ契約継続の「信頼関係」が争点となった

 レオパレス21(以下、レオパレス:東京都中野区)の借り上げ契約解除を巡る裁判で、オーナーの訴えが認められたことが全国賃貸住宅新聞の取材で明らかになった。オーナーはレオパレスに対し、一方的に借り上げ契約を解除したことへの損害賠償を請求。最高裁の上告棄却により、レオパレス側に2730万円の支払いを命じた二審の判決が10月13日に確定した。

【全文公開】イチからわかるレオパレス違法建築問題
【関連記事】賃貸住宅業界の市場構造を知る

賃貸借契約の「信頼関係」争点

 レオパレスを訴えていたのは、同社の管理物件のオーナーらが組織するLPオーナー会(愛知県名古屋市)で代表理事を務める前田和彦オーナー。同社の一方的な賃貸借契約の解除は不当であり、それによる損害を被ったと2021年5月21日に同社を訴えた。

 一審の名古屋地裁では、レオパレス側の主張を認定。建物賃貸借契約解除の正当な理由として、両者間の信頼関係の破壊を認め、オーナーの訴えを退けた。だが、二審の名古屋高裁では逆転し、オーナーが勝訴。レオパレスは最高裁に上告したが、棄却された。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『レオパレス家賃減額裁判、和解で決着』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ