【2024年】賃貸業界で変わる 主な制度まとめ

法律・制度改正|2024年01月22日

  • twitter

 2024年に実施される、賃貸業界に影響のある法施行・改正などの事項を紹介します。仲介会社・管理会社だけではなく、オーナーに関連する内容もあるので、チェックしておきましょう。

 

 

1月 改正電子帳簿保存法 施行

制度記事 P1.jpg

 1月より、改正電子帳簿保存法が施行されました。これにより電子上での取引は、電子データのまま法律の要件を満たした保存が義務化されます。管理会社・仲介会社で対象となる主な書類は、賃貸借契約書、工事会社への発注書、オーナーや入居者への見積書などです。
【記事本文はこちら】

4月 省エネ性能表示 努力義務化

制度記事 P2.jpg

 4月から、不動産の売買・賃貸の広告における省エネルギー性能表示が努力義務化されます。物件の省エネ・断熱レベルを入居者に知らせるための制度です。物件所有者のオーナー・サブリース事業者はもちろん、仲介担当者も把握しておく必要がありそうです。
【記事本文はこちら】

4月 相続不動産登記 義務化

制度記事 P3.jpg

 所有者が不明な土地の解消を目指す改正不動産登記法が、4月に施行されます。これにより、相続人は相続による所有権登記の申請をすることが義務付けられます。また、施行前の相続も、まだ相続登記をしていない場合は登記義務化の対象となります。
【記事本文はこちら】

4月 改正障害者差別解消法 施行

 障がいを理由とする差別の解消の推進に関する法律(改正障害者差別解消法)の施行も、4月となります。顧客となる障がい者への接し方として、不動産事業者には合理的配慮の提供が義務化されます。
【記事本文はこちら】

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ