復活する民泊需要 事業参入を考える際に知っておくべきこと

賃貸経営|2023年08月07日

  • twitter

 新型コロナウイルスが5類に移行となり、インバウンドをはじめとする観光事業が盛り上がりを見せる中、民泊に注目が集まっています。空室対策や利回りの向上といった効果に期待を寄せる管理会社も多くいます。民泊を始めるために守るべき法律や、民泊物件の最新トレンドを紹介します。

 

 

 

民泊新法の180日ルール 転用手法がカギ

20230831123013.PNG

 管理会社やオーナーが民泊事業を始めるためには、2018年6月15日に施行された住宅宿泊事業法(以下、民泊新法)で定める基準をクリアする必要があります。民泊新法では、宿泊施設として提供できる日数の上限が年間180日とされています。さらに各自治体の条例によっては、より厳しいルールを制定している場合があります。観光客で賑わう京都府では住宅専用地域において日数上限を60日としています。

20230831123023.PNG

 これらの条件から、民泊新法に則りながら宿泊事業だけで利益を出すことは一般的には難しいとされています。そのため、残りをマンスリーマンションとして活用するなど、転用措置を取る必要があります。

▷▶180日営業制限で民泊新法成立 その内容は
▷▶観光都市京都 民泊営業規制を強化

2023年度より規制緩和 参入ハードル低く

民泊_P2.jpg

 また今年度より、国土交通省が民泊参入の規制緩和に注力しています。これまで民泊事業を始める場合、宅建士や賃貸不動産経営管理士といった不動産の資格が必要でしたが、指定講習を受講すれば参入可能となりました。

▷▶2023年、民泊参入規制緩和へ

国家戦略の民泊特区、高い収益性を見込む

20230831123036.PNG

 一方で、外国人誘致のための国家戦略として位置づけられた東京都大田区や大阪市といったエリアでは「特区民泊」として展開できます。特区民泊では、上記の民泊新法による180日制限がありません。最低宿泊日数の2泊3日をクリアできれば、365日運営が可能です。高い収益性が期待できる一方で、こうした規制の少なさから、コロナ禍以前は特区民泊エリアで宿泊運営を始める事業者が爆発的に増加していました。結果的に価格競争に巻き込まれた上、コロナ禍によるインバウンド消滅が追い打ちとなりその多くが廃業となっています。こうした背景から、民泊特区で施設を量産することが利益につながるとは言えないでしょう。

▷▶窮地に立つ、特区民泊の現状
▷▶コロナ禍で宿泊物件の賃貸転用相次ぐ

今後の民泊物件のトレンドは

民泊_P4.jpg

 観光事業にとって大ダメージとなったコロナ禍を経て、これからの民泊物件はどう変わっていくでしょうか。1つ目は、地方の観光都市における戸建て民泊です。1棟貸し切りで提供可能な物件は、海外から団体で来日する観光客から人気があり、高い料金でも借り手が付きます。特に温泉地や避暑地といった場所では、のんびり過ごす観光客が多く、マンションの1室よりも広々とした一軒家が好まれます。もともと空き家だった物件を活用するケースが一般的であるため、180日規制の中でも採算の取れる民泊物件と言えそうです。

 また、都心部で民泊を展開する際は、OTAと呼ばれるオンライン旅行会社との連携が主流になりつつあります。7月にはデベロッパー大手の三菱地所が、民泊ポータルサイトのAirbnbと包括連携を発表しました。これにより、Airbnbの持つ外国人観光客への訴求力を生かし、より多様な人材へのアプローチが期待できます。民泊新法の180日規制を利用し、賃貸住宅と民泊と両方の顔を持つことで、集客力を高める狙いがあります。

▷▶温泉地で戸建て民泊需要増
▷▶三菱地所とエアビー、包括連携

 以上のように、今後民泊事業を始めるには、収益性のための集客力とリスクヘッジをいかにバランスよく保てるかが、焦点となります。

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ