インスタ投稿、統一感で反響増

【連載】不動産DXで実現する顧客ファースト 第4回

管理・仲介業|2024年04月03日

  • twitter

 今や不動産会社の7割がSNSから反響を得ている。当社が2023年7月に発表した調査結果だ。さらに「反響の10%以上がSNS経由」との回答も20%を超えた。

 3月4日号で伝えた通り、難易度が低く始めやすいSNSが「インスタグラム」だ。ただし多くの会社が参入する中で、やみくもに始めても意味がない。反響を得られるアカウントへと成長させるには、基本を押さえた投稿が大切だ。

地元情報を発信

 物件投稿を行う場合、社員紹介やランチなど日常風景の投稿は混ぜない方がいい。統一感を持たせることで、インスタグラムに「不動産情報のアカウント」と認知され、住まい探しのユーザーに表示されやすくなる。

 加えてエリアや顧客層というターゲット設定も重要だ。エリアを絞ったうえで投稿文や画像に「地元ならではのコメント」を加えよう。例えば「駅前の安いスーパー」「近所の人気定食屋」といった独自情報の投稿は、全国を網羅的にカバーするポータルサイトにはできない投稿であり、そのエリアで住まいを探す人に歓迎される。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『SNS集客、中小企業に勝機』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

  2. JR東日本、不動産の新会社

    JR東日本,JR東日本不動産

  3. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  4. ロフトコーポレーション、ガレージアパート事業に注力

    ロフトコーポレーション

  5. 日本情報クリエイト、リアプロを吸収合併

    日本情報クリエイト,リアルネットプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ